top of page

テーマ「第2回医療観察事件における被害者の関与と

情報へのアクセスを考えるシンポジウム」 

開催日時 2024年6月25日(火)午後5時30分~午後8時

開催場所 日本弁護士連合会東京弁護士会講堂クレオB・C      

プログラム 

 

17:30開会

〇 開会挨拶 代表 大森真理子
〇「医療観察事件被害者と刑事裁判被害者の現状の比較」
      医療観察法と被害者の会
      弁護士 濱口 文歌  
〇「医療観察審判における被害者の地位(または立場)」
      弁護士(元裁判官) 

  村山 浩昭 氏

〇「内省プログラムによる対象行為の振り返り 精神症状を持つ対象者の内省深化の困難さ」
      国立精神・神経医療研究センター病院 臨床心理士 主任心理療法士
      鈴木 敬生 氏
〇「精神障害犯罪による被害者の支援-イギリスとの比較」
      元同志社大学法学部教授 全国被害者支援ネットワーク監事 
      京都犯罪被害者支援センター副理事長
      川本 哲郎 氏

〇 会員企画

20:00閉会

bottom of page